活動内容

学生より(2019年度)

ここではさまざまなゼミまたは宗教文化での行事のレポートを書いていきます

2019年度卒業式当日

新型コロナウィルスの感染拡大のため、3月13日の卒業式の式典は中止となりました。ただ、個人的に構内に入ることは許されていたため、卒業生数名が学科に顔を出してくれました。卒業式のために学科で用意していたお祝いメッセージは、このままお蔵入りかと思われましたが、思わぬ形で生かされました。みんな卒業おめでとう!!

2019年度ゼミ活動 小林ゼミ4年生



2020年2月26日・27日、小林ゼミ4年生のゼミ旅行があり、滋賀県に行きました。1日目は、映画『ちはやふる』の舞台にもなった大津市の近江神宮へ行き、かるたをモチーフにしたおみくじをしたり、日吉大社境内の牛尾宮や三宮宮(標高約380m)へ登拝したりしました。2日目は近江八幡市に移動し、八幡堀の屋形船に乗船、たねや(クラブハリエ)などでスウィーツを楽しみました。

2019年度ゼミ活動 小林ゼミ3年生



2020年2月18日・19日、小林ゼミ3年生のゼミ旅行があり、下呂温泉と多治見に行きました。1日目の下呂温泉では来年度執筆する卒業論文にむけての構想発表会をし、温泉を楽しみました。2日目は多治見市内の宗教施設(多治見修道院、永保寺)や多治見モザイクタイルミュージアムなどを見学しました。愛知からも近い場所ながらとても楽しい時間を過ごすことができました。

2019年度ゼミ活動 林ゼミ3年生



林ゼミ3年ゼミ旅行(丹波笹山の松隣寺、神戸異人館)

2019年度卒業パーティー



2020年1月28日、2019年度卒業パーティーが開催されました。
文学部・心身科学部同窓会からの助成を受け、充実したお祝い会ができました。

3年小林・石田ゼミ合同フィールドワーク


11月13日、3年生合同日進市内フィールドワークをしました。
今年は例年と同じく岩崎御獄山と日本で唯一?とされる宗教公園の五色園に行きました。
五色園には、岩崎御嶽山の巨大弘法大師像の作者でもある、浅野祥雲による親鸞上人の一代記のコンクリート像があり、みんな思い思いのスタイルで、像とコラボ写真を撮影していました。

2019年朝熊山体験入峰

11月17日三重県皇學館大学で「日本文化概説Ⅱ」を履修している神道学科の学生と一緒に、朝熊山体験入峰のフィールドスタディに参加しました。
古くから死者供養のための岳参りが行われてきた霊山での修行体験は貴重な経験になりました。

3年小林ゼミ・ゼミ旅行

9月16日・17日、3年小林ゼミで養老公園&大垣へゼミ旅行に行きました。
初日は孝行息子の伝承が残る養老の滝と屋外アート施設の養老天命反転地へ。
2日目は大垣城や大垣八幡神社の湧水地を訪れました。

引田ゼミ・ゼミ旅行

9月17日、引田ゼミで三重県長島町の願証寺に行きました。
浄土真宗本願寺派の古刹で、ご住職からいろいろな話を聞きました。
また拝観後はナガシマスパーランドに行きました。

熊田ゼミ・ゼミ旅行

ゼミでは今年は長島スパーランドやジャズバーなどにも行きました。長島スパーランドはみんなの意見で決めました。普通にアトラクション乗ったり、プリクラ撮ったりして遊びました。楽しかったです(笑)。 基本的に生徒の意見が通りやすい先生だと思います。

4年小林ゼミ・ゼミ旅行

8月6日・7日小林ゼミのゼミ旅行がありました。
今回の行先は飛騨方面。
初日は白山長滝神社に参拝し、夜は高鷲でBBQキャンプと近くの温泉に。
2日目は郡上に移動し、慈恩禅寺などを見学。
食品サンプル作りや鍾乳洞見学をしました。
とっても暑かったけど、楽しい2日間でした。

3年林ゼミ・飲み会

8月2日、林ゼミのゼミコンがありました。
All男子というなかなか「濃い」ゼミですが、かなり盛り上がりました。

夏のオープンキャンパス

8月3日・4日、夏のオープンキャンパスが開催されました。
宗教文化学科にもたくさんの高校生や保護者の方々がおみえになりました。
ありがとうございました!

3年生合同ゼミ旅行

本学の恒例行事である3年生合同視察研究旅行に行きました。
行先は昨年に続き京都。
今年は清水寺と八坂神社に行きました。
音羽の滝の御水を頂き、みんなご加護を頂けたかな?

3年生合同キャリアセミナー

5月29日に合同キャリアセミナーを行いました。
今回はインターンシップで必要な自己PRと学生時代に力をそそいだことを書き出しました。
3年生のみなさんはキャリアセンターの職員の方から就活に有益な情報をたくさん聞きました。

1年生ランチ会 ランチ会

3号館3階の文学部会議室でのお食事会
入学からひとつきがたち、大学にも慣れてきた様子の新1年生。
そんな時にランチ会は開催されました。
まだ話したことのない学生や先生たちと交流できる場として行われました。
ちなみに、この会は愛知学院大学文学部・心身科学部同窓会の助成金によって開催されました。

ページのトップへ戻る